一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、いつか発生してしまう「大地震の予兆解析」を事前に正しく社会に伝達することで、 「日本国民の生命や財産」を守り、日本社会の混乱や被害を最小限化するため、常に研究開発を促進し、日本はもとより世界各国に貢献できることを目指しております。

一般社団法人地震予兆研究センター:地震予兆解析レポート


一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)では、いつか発生してしまう「大地震の予兆解析」を事前に正しく社会に伝達することで、 「日本国民の生命や財産」を守り、日本社会の混乱や被害を最小限化するため、常に研究開発を促進し、日本はもとより世界各国に貢献できることを目指しております。

一般社団法人地震予兆研究センターでは、毎週月曜日にESU(ヨーロッパ宇宙機構)が運用する地球観測衛星「Sentinel-1A」の合成開口レーダーデータ解析、最新週のGPS/GLONASS/準天頂衛星による地殻変動、そして実際に発生した地震活動を解析したレポートを配信し、既に3年間の実績を得ております。
2013年2月より有料で毎週「地震予兆解析レポート」を配信(毎週月曜日に日本語のレポート、毎週火曜日に英文レポートを自治体・契約企業に配信)し、多くの企業・団体・自治体様にご提供し、その精度は80%を超えております。

しかしながら、現代社会においては、インターネットの普及により、多くの「事実でないこと」が氾濫しています。その為、一般社団法人地震予兆研究センターでは無用なデマやパニックを避けるために、自治体及び信頼できる企業への情報配信を行い、延契約企業数は400社を超えております。

現在のところ個人向けの配信は行っておりませんが、近い将来的には個人の方にも「天気予報のように毎日目にして頂ける」ように、研究体制の強化・コンプライアンスの徹底・管理部門の万全の態勢を目指し、これからも実績を積んでまいります。


地震予兆解析レポートの読み方



大きな地殻変動値が観測されたのち、1~2週間程度の間に大きな地震が発生しています。
その為、大きな地殻変動が発生したエリア周辺では、大地震が発生する可能性があるため毎週の地殻変動値・方向を確認することが重要です。
一般社団法人地震予兆研究センターが解析している「地震予兆解析レポート」では、1週間ごとの地殻変動値を「←」にて変動方向を示し、変動距離を色で示しています。
また、同様に期間内に発生した地震の震央地を、マグニチュード、震源深さにより大きさや色分けにより表示しています。
大地震発生前の異常な地殻変動は、そのエリアの変動方向が重要であることから、大きな地殻変動のみを表示しております。
海のプレートで発生する地震の場合には、矢印の変動方向の先で大地震が発生し、直下型地震の場合には、放射線のように開いた矢印の中心で地震が発生する傾向があります。


[For information provided]
Earthquake prediction Research Center (EPRC) provide crustal movement information.
Everyday analysis to electronic reference point. Observed in the GPS satellite · GLONASS · Quasi-zenith satellite, etc. Daily seismic data, & daily crustal movement data from 1996.
Database EPRC is composed of various types of scientific data. Crustal movement data of 7300 days from 1996. 100 million or more times of magnitude 4 or more of the seismic data.
Maximum seismic intensity observation data of Japan 1300 places. Plate change data around the world.
Japan active fault data. Real-time seismic data around the world. GPS, GLONASS, quasi-zenith satellite, etc

Verification in the database of “earthquake before the crustal movement” for 20 years.
If the crustal movement “value” of 4 weeks. Similar crustal movement was observed, similar scale of earthquake “magnitude, maximum seismic intensity, epicenter place” to announce. But, in the past 20 years database, also earthquake approximation does not fit.
If the epicenter is 50kmover of deep earthquakes, which a large crustal movement is not observed.

Earthquake prediction information of EPRC, in addition to the satellite data analysis, also to determine source type of earthquake epicenter and the earthquake that occurred in the immediate vicinity. Accuracy of earthquake prediction information, if there is an error of about one week from several days and, in some cases to target a wide range of areas. Rapid changes in crustal movement, there is a case to modify the earthquake prediction information that was announced once.

Maintenance, repair of NASA and the Geographical Survey Institute, delays EPRC analysis.
EPRC not guarantee the earthquake prediction information provided with a high probability. please use only as an objective information.
contract company voluntary evacuation has been carried out, such as facility closure,
can not any claim for damages even in such as if there is no actual earthquake.
And without obtaining the prior written consent, the contract’s officers, it is not permitted to be disclosed to third parties other than employees. It is forbidden to spread the Internet, in the SNS, etc..


Earthquake Prediction Analys Report


*前週月曜日発行の一般社団法人地震予兆研究センター「地震予兆解析レポート」英語版のTOICSページのみをサンプルとして公開しています。


TOP20150914 [Data analysis] Earthquake prediction research center
171-0042 Tokyo First City Building 6th floor, 1-1-11, Takamatsu Toshima, Tokyo
TEL 03-6627-0528 FAX: 03-6893-5096
PCT : Earthquake prediction information providing program (International patent number: WO / 2015/025340)
EPRC have Copyright, intellectual property rights. Transfer to a third party, disclosure, diversion is prohibited.
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人地震予兆研究センター All Rights Reserved.